「タイム誌」が、シリアの8歳少女を選出

ネット上で最も影響力のある
25人に選んだ少女とは



芽1分08秒の動画です芽



アメリカのタイム誌は今年の「インターネット上で最も影響力のある25人」を発表、
その1人に8歳のシリア難民の少女、バナ・アラベドさんを選びました。

バナさんはシリア内戦の激戦地アレッポ東部で政府軍やロシア軍による空爆や悲惨な
生活の様子を母親とともにツイッターで発信し続けました。

「アレッポと共に!どうか空爆をやめて」(バナ・アラベドさん〔当時7〕)

ツイッターのフォロワー数はおよそ36万人。去年12月にトルコへ逃れて以降も、
アメリカのトランプ大統領の移民排斥大統領令を批判するなど、難民の救済を訴え
続けています。

現在は、家族とトルコに避難中。

小鳥ライン

インターネット上では、色々な批判もありますが、内戦が起きていることは、
間違いありませんよね。
こんな幼い子が、危険を目の前に生きて訴える姿に胸を打たれました。

世界平和を願いたいです (*^^*)

案内資料


ネットワークビジネスであなたの夢を叶える情報をお届けします♪


案内資料