抗酸化力が高い食べ物は?抗酸化力で選ぶスーパーフード!!

抗酸化とは



抗酸化作用の酸化とは物が錆びたり、くさったりすることをいいます。
人間の身体も酸化します。

人は酸素を取り入れてエネルギーをつくりますが、その過程で一部の酸素は化学変化を
起こし活性酸素というものを発生させます。
 
活性酸素は体内に侵入してきた細菌などを排除する作用も持っていますが、過剰に
活性酸素が発生した場合が問題と なります。

   画像

過剰に発生した活性酸素は、人間の身体を酸化させ、 動脈硬化などを引き起こし
生活習慣病や老化を招きます 画像

活性酸素はほとんどの病気の原因とさえ言われています 画像

添加物が含まれた食品、喫煙、大気汚染、紫外線、ストレスなどは、活性酸素を
発生しやすいものとされています。

ですから現代の私たちの生活環境は過剰に活性酸素が発生しやすい状況と言えます。

そして、その活性酸素を抑えることを抗酸化作用といいます。  

抗酸化作用のある栄養素



抗酸化作用のある栄養素として、リコピン、ポリフェノール、
β-カロテン(ビタミンA)、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類。

 ★ 代表的な食品例をあげると・・・

トマト、かぼちゃ、ほうれん草、ニンジンなどの緑黄色野菜、
いちご、レモン、キウイフルーツ、ナッツ類、アボカド、ブロッコリーなど。

他にも、バナナにキャベツやにんにく、大豆のイソフラボンも抗酸化作用が高いと
言われています。

    画像

それでも、日常補いきれない抗酸化力はスーパーフードで補ってみてはいかが
でしょうか。

スーパーフードと言えばミランダ・カーなどのスーパーモデルやハリウッド女優などが
美容や健康のために飲んでいてアメリカで大流行していますが、最近日本でもかなり
注目されています 顔

元々、ポリフェノールなどの抗酸化物質を多く含むスーパーフードは、強い抗酸化
作用を発揮する効果が期待されています。

その中でも、抗酸化作用の強いオススメのスーパーフードがあります。

抗酸化作用のあるスーパーフード



1、クコの実(ゴジベリー)  

   画像
  
抗酸化物質である VA、VC、カロテノイド(βカロチン、ゼアキサンチン、
リコピン)、ポリフェノール(ルチン)、亜鉛、セレンなどを含みます。

活性酸素除去能力の一つの指標であるORAC値も、かなり高い値を示しています。

古くから、中国でも漢方薬に使用されていたクコの実は、『アダプトゲン』という
薬草の世界で「人体に複合的な治癒効果を与える物質」とされています。

また、ストレス緩和、疲労回復などの効果があり、抗酸化作用のある食品としては、
かなり効果が期待される食品と考えられます。

食べやすいこともあり、お勧めです。


2、チアシード

   画像

抗酸化作用の強いミネラルであるセレンを豊富に含み、その他ミネラル(亜鉛など)も
含んでいます。

また、最近では新たなポリフェノールの含有を発見されるなど、さらなる効果も
期待されています。

その上、オメガ3の摂取をしやすいので、ダイエットだけではなく、お勧めです


3、アサイー

   画像

赤道直下の強い紫外線と激しい雨が降る環境で、たくましく育っているアサイーは

生命力が高く、鉄、食物繊維、カルシウムなどをたくさん含む優れた栄養価を持つ
果実です。

その中でも、ココアの約4.5倍、ブルーベリーの約18倍、ワインの約30倍とも言われる
ポリフェノール含有量で、抗酸化作用の強さは、最大の特徴です。

自然界の野菜や果実の中で最も抗酸化力が高い果物とも言われています。
(ORAC値参考)

糖代謝や脂質代謝にも効果が見られ生活習慣病の予防にも有効とされています。


4、ココナッツオイル

   画像

天然のビタミンEが豊富に含まれています。
オイル自体も安定性が高く、ビタミンEの必要量を減少させる強い抗酸化力を
持っています。

また、ケトン体(ココナツオイル)を構成するβ-ヒドロキシ酪酸は、活性酸素を
無毒化する抗酸化酵素を活性化するという研究論文が発表されました。

ダイエット効果もあり、コレステロールや糖尿病などの生活習慣にも効果があると
言われており、認知症やアルツハイマーの予防も期待されているココナツオイル。


5、カカオ(カカオニブ)

   画像

ポリフェノール、カテキンやエピカテキンなどの抗酸化物質を含みます。
同重量でみると、ORAC値の高いクコの実やアサイーなどより多く含まれます。

また、このように抗酸化物質を多く含み、一般的に薬効のあるキノコ(霊芝、
まいたけ、しいたけ、山伏茸など)の効果を高めてくれるとされています。

ミネラルやビタミンC、食物繊維も豊富に含まれます。

また、フェニルエチルアミン(PEA)やアナンダミド、テオブロミンなど、
幸福物質や気分高揚効果のある成分も含まれているため、緊張を和らげたり
リラックス効果もあるとされています。

スーパーフードが大活躍



日本にもスーパーフードといわれるものはたくさんあるんですよ。
私たちが普段の食事で食べているものばかりですので、摂りやすいですね。

またスーパーフードは粉末タイプのものもありますので、バリエーションも豊か。

ヨーグルト・牛乳・アイス・ドレッシングに混ぜるなど、生活に無理なく取り入れる
ことができます。

   画像

自分で組み合わせて、食事に加える「サプリメント」ではなく、食事そのものを
スーパーフードにすることができるので、不足しがちな栄養素を含み、
お好みで摂り入れてみませんか 顔



バナー2
  バナー3
  案内資料10

バナー ページ後半