退職金や年金に頼らず、明るい老後を手に入れるには

定年後に必要な生活費は?



今、働き盛りの20代30代の人たちも、サラリーマンならいつか定年退職のときが
やってきます。

とはいえ、家のローンや子どもの教育費など支出は増えるばかり…。

実際は「定年後の生活費まで考える余裕なんてない」という人もたくさんいます。

   画像

しかし、老後貧困にならないために、今からしっかりと定年後の生活費を考える
必要があるのです。

では、定年後の生活費は毎月どれくらい用意しておけばいいのでしょうか?


最低限確保しておきたい生活費は、夫婦2人暮らしで毎月22万円


老後夫婦2人で暮らす場合、ひと月当たり最低限いくら必要かは様々な試算があります。

「15万円あればなんとかなる」という人もいれば、
「30万円は必要だ」という人もいるでしょう。

住む場所や生活水準によっても違いがでるので、一概には言えませんが、

「生命保険文化センターが行った意識調査」によると、老後のひと月当たりの最低日常
生活費は平均22万円という結果になっています。

定年後は自由になる時間が増え、今まで出来なかった趣味や旅行をしたり、孫への
プレゼントを買ったりしたいものですよね 顔
 ラインラインライン
「ゆとりある老後の生活費」は平均35.4万円


また、ゆとりある老後生活を送るための金額として「最低日常生活費」以外に
必要であると考える金額は平均13.4万円という結果になりました。

「ゆとりある金額」というのは主に旅行・レジャー・趣味・教養のことです。

この「最低日常生活費」と「ゆとりのための金額」を合計した
「ゆとりある老後の生活費」は平均で35.4万円

ゆとりのための金額の使い道は「旅行・レジャー」がもっとも高く、続いて
「趣味・教養」「日常生活費の充実」になりました。

    画像

その他にも、身内の冠婚葬祭の付き合いや、孫へのお小遣いなども必要ですね。

今まで頑張ってきた自分たちへのご褒美的な娯楽を楽しもうと思えば、ゆとりの
ある生活費程度の生活費は確保しておきたいものです 顔

ゆとりのある老後生活を送るためには、どれくらいの貯蓄が必要か?



国民年金や厚生年金制度もありますが、これから先、自分が実際にもらえる時には
金額も支給年齢も変っているかもしれませんね。

いま60歳定年で65歳から年金支給としても、5年間は無収入です。
年金受け取りを先延ばしして70歳にした場合は、10年間も無収入になります。

無収入になって、年金を受け取れる年齢になるまで、夫婦二人でゆとりを持って
生活していくためには、約3,000万円の貯蓄があれば安心と言われています。

もちろん生活費以外に、病気になった時や、介護が必要になった時のための
お金なども必要。

年金で生活費はまかなえたとしても、もしもの時のお金がなければ、いざという時
生活は一気に苦しくなってしまいます 顔

老後の生活費に困ることのないよう年金だけを当てにせず、今のうちからお金を
貯めておくことも意識しておきましょう。

第二の年金、プラス・アルファの収入を確保しましょう



セカンドライフに突入すると、収入よりも支出が上回る可能性が高いですから、
一般的には貯金を切り崩しながら生活することになるかもしれません。

確かに22万円あれば、生活を送っていくことはできますが、この金額は

「生きていく上に最低限必要なお金」であり、

趣味やレジャーなどの娯楽を充実させたゆとりある生活を送るためには、

「ゆとりのための金額」をプラスしたお金を準備しなければなりません。
  ラインラインライン
画像

国民年金だけでは不足している生活費の補充をネットワークビジネスで
年金対策してみませんか?

老後の不安を解消するためネットワークビジネスを始めるのに遅すぎる事は
ありません。

ネットワークビジネスは即金ではありませんが、あなたの努力次第で、素敵な
不労所得を生むビジネスです 顔

  ● ゆとりある収入と時間を得るため
  ● 老後の悩みや不安を解消するため
  ● 明るいゆとりあるセカンドライフを手に入れるため

気づいた今が絶好のタイミング!! 老後の不安を解消しませんか ^^



バナー2
  バナー3
  案内資料10
バナー ページ後半