認知症の現状と、認知症への理解とサポートの姿勢

認知症1300万人到来



いま、大きな問題となっているのが高齢者数の増加、それに伴う「認知症の急増」です。

厚生労働省は2015年1月、全国で認知症の患者数が2025年には700万人を超える
と発表しました。
これは65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に該当する計算です。

  認知症グラフ

認知症高齢者の数は、2012年の時点で約462万人と推計されており、約10年で1.5倍に
も増える見通しです。

これに「認知症予備軍」といわれる軽度認知障害(MCI)を加えると約1300万人
となり、65歳以上の3人に1人が認知症またはその予備軍ということになります。

「認知症1300万人時代」の到来です。

認知症にやさしい 地域づくりのために ~日本の取り組み~



日本では、高齢化の進展に対する認知症の施策が推進されています。

2012年に策定された「認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)」では、「認知
症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることが
できる社会」を目指して、標準的な認知症ケアパスの構築が推進されました。

  オレンジプラン

さらに、この施策を加速させるために、2015年に「認知症施策推進総合戦略(新オレ
ンジプラン)」が策定され、7つの柱に沿って施策が推進されています。

認知症への理解とサポートの姿勢



はっぱ 認知症の人のために家族が出来る10ヵ条 はっぱ

1.見逃すな「あれ、何かおかしい?」は、大事なサイン。


認知症の始まりは、ちょっとしたもの忘れであることが多いもの。

単なる老化現象とまぎらわしく、周囲の人にはわかりにくいものです。あれっ、もしか
して?と気づくことができるのは、身近な家族だからこそです。

2.早めに受診を。治る認知症もある。


認知症が疑われたら、まず専門医に受診すること。認知症に似た病気や、早く治療すれば
治る認知症もあるのです。


また、適切な治療や介護を受けるには、アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症などを
きちんと診断してもらうのは不可欠です。

3.知は力。認知症の正しい知識を身につけよう。


アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症では、症状の出方や進行、対応が違います。
特徴をよく知って、快適に生活できるよう、その後の家族の生活や介護計画づくりに
役立てましょう。

4.介護保険など、サービスを積極的に利用しよう。


介護保険など、サービスを利用するのは当然のこと。家族だけで認知症の人を介護する
ことはできません。


サービスは「家族の息抜き」だけでなく、本人がプロの介護を受けたり社会に接したり
する大事な機会です。

5.サービスの質を見分ける目を持とう。


介護保険サービスは、利用者や家族が選択できるのが利点。質の高いサービスを選択す
る目が必要です。
また、トラブルがあったときは、泣き寝入りせず、冷静に訴える姿勢を持ちましょう。

6.経験者は知恵の宝庫。いつでも気軽に相談を。


介護経験者が培ってきた知識や経験は、社会資源の一つ。一人で抱え込まずに経験者に
相談し、共感し合い、情報を交換することが、大きな支えとなります。

7.今できることを知り、それを大切に。


知的機能が低下し、進行していくのが多くの認知症です。しかし、すべてが失われたわけ
ではありません。
失われた能力の回復を求めるより、残された能力を大切にしましょう。

8.恥じず、隠さず、ネットワークを広げよう。


認知症の人の実態をオープンにすれば、どこかで理解者、協力者が手をあげてくれるはず。
公的な相談機関や私的なつながり、地域社会、インターネットなどのさまざまな情報を
上手に使い、介護家族の思いを訴えていきましょう。

9.自分も大切に、介護以外の時間を持とう。


介護者にも自分の生活や生甲斐があるはず、「介護で自分の人生を犠牲にされた」と思わ
ないように自分自身の時間を大切にしてください。
介護者の気持ちの安定は、認知症の人にも伝わるのです。

10.往年のその人らしい日々を。


認知症になっても、その人の人生が否定されるわけではありません。やがて来る人生の
幕引きも考えながら、その人らしい生活を続けられるよう、家族で話し合いましょう。


(出典元:公益社団法人 認知症の人と家族の会)


認知症になる可能性は誰にでもあります。

私たちと同様、認知症を患った方々の心情も様々です。また、「認知症の本人は自覚が
ない」という考えも大きな間違いであり、最初に症状に気づき、誰より一番不安になっ
て苦しむのは本人なのです。

認知症を理解して、さりげなく自然で優しいサポートを心がけましょう。



バナー2
  バナー3
  案内資料10

バナー ページ後半