認知症予防、脳をイキイキ脳トレアプリで活性化

認知症、脳トレアプリで予防



認知症という病気はまだ原因がはっきりわかっておらず、まだまだ治療法がないのが
現状です。
そのため認知症は予防するしかありません。

現在認知症予防には運動、食事、サプリなど色々な方法が提唱されていますが、
認知症を予防する方法の一部で脳トレ、ゲーム、スマフォやタブレットなどの
脳トレアプリが注目を集めています。

最近の医療研究では、脳トレアプリを実行することで、認知機能の維持につながり、
しかも認知症になるリスクまでも軽減してくれるといった事実までわかったのです。


     画像


さらに人とのコミュニケーションもプラスされれば、ゲームや脳トレアプリを
実行することで、さらに認知症予防につながると言われています。

おすすめ脳トレアプリ



 まる 介護予防支援アプリ『お達者村』
   

   介護予防を目的とした脳トレアプリで、脳科学や理学療法士、介護予防士の
   意見を参考にして作られているそうです。

   このアプリは、脳を鍛えるだけでなく、体を動かして行うゲームもあります。
   ただし、ゲーム数はまだ少なく、今後定期的に追加予定だそうです。

 
 まる みんなの脳トレ~脳年齢がわかる脳トレ、脳の若返りドリル~』


   脳トレをしながら、自分の脳年齢も測定出来るアプリです。
   「観察力」「記憶力」「判断力」「直感力」「計算力」「反応力」の
   6つの項目があり、神経衰弱や計算等を行うゲームです。


 まる 『頭の体操』


   指定された枠に、ぴったりはまるように、パズルのピースをはめていくゲームです。
   このゲームの良いところは、パズルのピースを回転させる操作がないので、
   単純に枠にはめていくだけなので、すごく単純な操作で出来ます。

   しかし、難易度が高くなると、頭を使わないとなかなかクリアできません。
   頭の良い体操になりそうです。


 まる 認知症予防ゲーム


   認知症の予防にはボードゲームが効果的という研究結果からボードゲームをiPad
   アプリとして開発したものです。
   操作はシンプルで脳を活性化するトレーニングとしては最適。

 
 まる 脳トレゲーム HAMARU


   暗算を繰り返していくシンプルなゲームですが、グラフィックが綺麗であり、
   操作感もよく、人気のゲームです。


 まる みんなの脳トレ


   6つのゲームからなる、皆さんもよく知るゲームです。
   脳の年齢チェックもできて、そして以前の結果と比較もできます。
画像画像画像

脳トレの効果



ゲームで脳が活性化したという研究は世界各地にあります。例えばカリフォルニア大学
の研究チームはTVゲームと脳の活動の関係を調査するために1年かけてオリジナルの
TVゲームを開発しました。

レースカーを走らせている間に緑のマークが出てきたらボタンを押すというゲームです。

このゲームを60~85歳までの高齢者が1ヶ月の間に12時間プレイしたところ、
ゲームに慣れた高齢者はゲームを始めてプレイする20歳の若者以上のスコアを出したの
です。(脳が活性化した)

日ごろイキイキ♪



iPad、スマフォが使えない方でも、クイズ、図形パズルやジグソーパズルなど
また囲碁やマージャンで趣味を生かして取り組めば、いつまでも若々しくいられます。

     画像

脳の退化は加齢によるものだけでなく、使わないことによっても退化していくもの。

日ごろから簡単にできるゲームや脳トレアプリなどを楽しみながら取り入れ、常に
脳への刺激を与えましょう。



バナー2
  バナー3
  案内資料10

バナー ページ後半