離婚後に必要な手続きと注意点

離婚後の手続きは
早めのうちに手続きしましょう


離婚をしてからする手続き



離婚後は、離婚届にはんこを押して役所に提出して終わり!!
・・ではないんです。

私の経験したことをお話させて頂きますが、
そのあと、書類を書いたり色んな手続きをしに役所に行ったり、裁判所に行ったりと
やることが沢山ありました。

こういった手続きで、何日仕事を早退したり休んだことか・・
離婚は、労力をつかうものなんですね。

まとめてみました(^^)


画像 子の氏の変更許可の申しだて(離婚で姓が別になった親子が姓を同じにしたい時)

画像 入籍届け(離婚が戸籍が別になった親子が戸籍を同じにしたい時)

画像 住民票移動世帯主変更届け(住所・世帯主が変わる時)

画像 国民年金の変更届け(扶養家族でなくなった時、苗字・住所が変更した時)

画像 国民健康保険の加入手続き(扶養家族でなくなった時)

画像 社会保険、厚生年金の扶養変更(離婚して扶養家族に変更があった時)

画像 年金分割手続き(年金分割をしたい時、離婚後2年で消滅時効)

画像 児童扶養手当(母子(父子)家庭になった時)

画像 ひとり親家庭の医療費助成(母子(父子)家庭になった時)

画像 就学援助(子どもが通学するうえで、給食費や学用品などが一部援助される制度)

画像 その他のひとり親家庭に対する優遇制度

画像 印鑑登録証明書(印鑑・苗字・住所を変更した時)

画像 預金通帳(苗字・住所を変更した時)

画像 運転免許証(本籍・苗字・住所を変更した時)

画像 パスポート(本籍・苗字・住所を変更した時)

画像 クレジットカード(苗字・住所を変更した時)

画像 子どもの転入学(子どもが転校する時)

画像 車の名義変更(名義人が変更した時)

画像 郵便物の転送届け(新居が決まった時)

注 意



○ 上記以外にも、まだ手続きを行うものがあるのかと思います。
  ご自身でも調べて頂いたほうが間違いないでしょう。

○ 必要書類・窓口など、市区町村役場によって異なる場合がありますので、
  事前に確認したほうが良いでしょう。

○ 市区町村によって支給を受けられる方の条件が異なりますので、
  一度問い合わせをしたほうが良いでしょう。

○ 手続きが遅れると離婚後の生活に支障をきたすこともありますので、
  できるだけ早めに手続きをしましょう。

○ 提出の際は必要書類の他、身分証明書(写真付)と印鑑は必ず持って行った
  ほうが良いでしょう。
  画像画像
いま思えば、いちばん名義変更が大変だったような気がします。汗2

それに、年金分割は、離婚してから2年以内に手続きをしないと消滅してしまう
ので、気をつけて下さい。

私の場合、年金分割の話しは、役所窓口では教えてくれませんでした。
たまたまシングルマザーの友達から聞いて慌てて手続きに行ったのを覚えています 顔3

離婚後は、やるべき手続きが色々あって目が回りそうですが、忘れてしまうと
損をしてしまうこともありますから、リストアップして、出来たらチェックしたりと
漏れがないよう行動し、しっかり手続きしておきましょうね (^ー^)

画像

あなたの未来が幸せのものへと変わりますように・・

矢印4私が得た幸せ法


案内資料


ネットワークビジネスであなたの夢を叶える情報をお届けします♪


案内資料