アラフォー女性の肌のたるみケアと食事改善

アラフォーの気づき

あっというまに若い時代が過ぎていて、青春していた自分が過去の遠くにいってしまい、
気づけばアラフォーとなり、さらに気づけば鏡に映る自分の顔のたるみに驚く!

鏡を見ながらほうれい腺を伸ばし、目じりを上にあげ「昔はこんな感じだったよな」
なんて独り言は当たり前。

   画像

ぷりっぷりのお肌で、化粧を落とさず寝ていた時代があったなんて・・・と、なんだか
心まで沈みがちになってしまいますが、あなたはどうですか?

顔がたるむ理由



青春時代の若い頃は、皮膚の内部で細胞分裂が活発に行われているので、みずみずしい
弾力のあるお肌を持っています!

20歳を過ぎると、この細胞分裂が活性化しなくなり肌の柔軟性が失われていき、
お肌の曲がり角と言われる25歳ごろから、肌が変化していきます。

たるみの主な原因は、真皮を支えている働きをしている繊維成分のコラーゲンや
エラスチンが緩んでしまうことです。

   画像

どちらも、年齢を重ねていくと切れる、細くなるといった状態になり、真皮が支えられ
なくなるので、皮膚のたるみが目立つようになります。


【 これらのたるみを予防するのに適した生活習慣 】


 クローバー2 紫外線をシャットアウトする

 クローバー2 新陳代謝を活発化するために、しっかりと睡眠をとり、規則正しい生活をおくる

 クローバー2 顔の表情筋や深層筋を鍛える

 クローバー2 フェイス&頭皮マッサージ

 クローバー2 猫背にならないようにし、姿勢を正す

 クローバー2 食事はバランスの取れた内容にする

 クローバー2 運動を取り入れて、筋肉を維持するようにする

感情が顔に出ないためにも



個人的な意見ですが、周囲で見かけるたるみがかなり目立つ方の中には、何やら不満や
愚痴&文句などを溜め込んでいると感じられる人が多いように見受けられます。

あくまでも個人的経験&感覚ですが、そういった方はたいがい、口はへの字に曲がって
ほうれい線が目立ちます。

いつも機嫌よくニコニコしている年配の女性で、ほうれい線などほとんど目立たず、
少女のような顔立ちをしている人も見かけます。

   画像

ですから、もういくつだからという年齢に縛られる考えは意外とナンセンスなこと。
周囲の方々を観察すると気付かされますが、ストレスをためず、常に明るくニコニコ
笑顔でいたいですね。


体内に摂り入れて健康・美肌を維持



毎日食べる食品で内側から美容のサポートをすることができるので、たっぷりの野菜や
コラーゲンの多い食べ物は、積極的に摂りましょう。


【 コラーゲンの多い食べ物 】


  花2 豚足

  花2 鶏手羽

  花2 鶏軟骨

  花2 牛すじ


ただし、コラーゲンの多い食べ物は脂肪も多いので、食べ過ぎには注意が必要です。
ならばサプリメントでと考える方もいると思いますが、確かにそれもありだと思います。


【 効果的な野菜(色別)】


  花2 赤色の野菜
     リコピン、β-カロテン : 免疫力アップ効果

  花2 緑色の野菜 
     鉄分、カルシウム : 貧血予防、血流を良くする
 
  花2 黄色の野菜 
     ルテイン、ビタミンC : 肌荒れ予防、シミやシワ予防

  花2 紫色の野菜 
     アントシアニン、: アンチエイジング効果、抗酸化作用

  花2 白色の野菜 
     フラボノイド、カリウム : むくみ予防、NK細胞の活性化


野菜は美容だけでなく、健康にも良いとされています。そのため、1日350gの野菜を
食べるよう推奨されています。

綺麗になるためのスーパーフード



その他にもいま話題「スーパーフード」が注目されています。

「スーパーフード」が注目されるようになってから、店頭でもみられるようになり、
カフェなどでも積極的に取り入れているところもあります。

綺麗になりたいと願うなら「スーパーフード」を味方につけてみてはいかがですか?

今はアラフォーといっても実際の年齢よりも若々しいアラフォー女性が増えています。
外見的な魅力だけではなく、内面的な魅力も強いのが40代の女性の特徴ではないで
しょうか。





バナー2
  バナー3
  案内資料10

バナー ページ後半